ブラウザでFlashやSilverlightが再生できなくなくなる!Windows Serverでストリーミング配信する方法!

ブラウザで、FlashやSilverlightが再生できなくなってきています。

<Flash>
Google Chrome、Flashサポート廃止を進める(ASCII x デジタル)
firefox、2017年3月でFlashのサポート終了(マイナビニュース)

<Silverlight>
Microsoft、Silverlightの使用中止を推奨(exciteニュース)
マイクロソフト、新ブラウザ「Edge」で「Silverlight」をサポートせず(cnet)

これらは、HTML5での動画再生が主流となってきた事が背景となった動きですが、FlashやSilverlightを利用している学校や企業にとって、

■eラーニング等の動画コンテンツが再生できなくなる
■ライブラリ化した既存のコンテンツが利用できなくなる
■社内・学内のライブ配信ができなくなる

事になり、大きな問題です。この問題に対する対策はどうすればいいでしょうか?

【対策】

対策1:“標準化団体が定めた標準規格”に対応したストリーミングサーバを使う

“デファクトスタンダードとされていたFlash、及びMicrosoftが対抗策として推奨していたSilverlightが使えなくなる”という事ですが、置き換わるHTML5は誰が定めた規格なのでしょうか。

HTML5は、標準化団体であるW3C(World Wide Web Consortium)が推奨するWeb技術の規格です。
今回のFlashやSilverlightの動向は、企業のパワーゲームの中で生き残ったソフトの規格がデファクトスタンダードになる時代が終わり、標準化団体が定めた標準規格が主流になる時代に入った事を示すものの一つです。
動画CODECの規格(h.264/h.265)、音声CODECの規格(AAC)、動画コンテナファイルの規格(mp4)、動画配信のプロトコルの規格(mpegDASH)、リアルタイム・コミュニケーションの規格(WebRTC)でも標準化団体が定めた標準規格が主流になりつつあります。

ストリーミングに必要な標準化団体が定めた標準規格

分野 規格
ストリーミング配信プロトコル mpegDASH
動画CODEC h.264/h.265
音声CODEC AAC
コンテナファイル mp4
リアルタイムコミュニケーション WebRTC

対策2:従来のデファクトスタンダードの規格に対応したストリーミングサーバを使う

一方、企業や学校では今でもIEが推奨ブラウザとして多く使われています。これは社内や学内で稼働しているシステムがIEに最適化されChromeにかわるとシステムが動かなくなる場合があるためです。その為、短い期間ではありますがFlashやSilverlightが必要となります。

Flash、Silverlightで使われている規格

Plug In 配信プロトコル 動画コンテンツの推奨規格
Flash rtmp h.264/h.265/AAC/mp4
Silverlight mss h.264/h.265/AAC/mp4

一方、世界で最も使われているブラウザは今やChromeで、クラウドサービスを利用する場合はChromeが推奨ブラウザになる場合が増えています。また、企業でも多く使われているiPhoneやiPadで動画を見る場合はSafariです。

ChromeとSafariで使われている規格

ブラウザ 配信プロトコル 動画コンテンツの推奨規格
Chrome HLS、mpegDASH h.264/h.265/AAC/mp4
Safari HLS h.264/h.265/AAC/mp4

対策1と対策2を整理すると、次の表にしめす組合せに対応できるストリーミングサーバが必要であるという事となります。

利用する端末と配信プロトコル

端末 ブラウザ 配信プロトコル
PC/Windows IE lash/rtmp、Silverlight/mss、WebRTC
PC/Windows Chrome/Firefox HTML5/HLS、HTML5/mpegDASH、WebRTC
PC/MAC Safari HTML5/HLS、WebRTC
iOS Safari HTML5/HLS、WebRTC
Android Chrome HTML5/HLS、HTML5/mpegDASH、WebRTC

この組みあわせに対応できる代表的なストリーミングサーバがWowza Streaming Engineです。Wowza Streaming EngineはMicrosoftがAzureで採用しているストリーミングサーバで、AWSやFacebook Liveでも採用されており、その将来性においても世界で認められているストリーミングサーバです。

Wowza Streaming Engineとは
Wowza Streaming Engineの値段、購入方法

 

勉強会参加お申込み

ストリーミングの定例勉強会Streaming Dayの第8回で詳しい解説を行います。
無料でどなたでも参加できます。
1. 日時  10月5日(水)  18:00-19:30
2. 場所  (株)ソリトンシステムズ本社 7F セミナールーム 東京都新宿区新宿2-4-3  03-6386-3405
3. 内容  「ブラウザでFlashやSilverlightの動画が再生できなくなる!その対策は?」
4.対象   ご興味のある方はどなたでも参加いただけます。