インターネット上でストリーミングをビジネス利用する方法

1.序論

インターネットのトラフィックの7~8割がストリーミングのトラフィックと言われる近年、ストリーミングをビジネスで利用する場合に求められる要件は、単に配信するだけでなく
広告を挿入する
視聴者毎の視聴ログをとる
課金する
視聴ログを解析をしてサービスと連携させる
動画の様々な場面にタグを連携させ独自のサービスを提供する
といった機能が求められる様になりました。
これらの機能はYoutube等の動画共有サイトやFacebook Liveでは提供されない機能です。

そのため、ストリーミングをビジネスで利用する多くの場合、有償のストリーミングサービスを利用するか、自社でストリーミングサーバを構築する事となります。
一方、動画共有サイトやfacebookは、
インターネットを利用している全ての人に動画を配信する事ができる
膨大な同時アクセスがあってもほぼ全ての人が視聴できる
といった特長があり、HP上での自社コマーシャルの配信、無料のWebinar・イベントの配信や臨時のニュース配信等にはその強みを発揮します。

ストリーミングをビジネスで利用する場合は、以上の特徴を知った上で、自社のニーズに対応した配信方法を選択、もしくは組み合わせる必要があります。

  • ツイートする
  • facebookでリンクをシェア
  • Share on LinkedIn
  • Streaming-Expert.Asiaへのお問合せ
  • ツイートする
  • facebookでリンクをシェア
  • Share on LinkedIn
  • Streaming-Expert.Asiaへのお問合せ