mpegDASH (Dynamic Adaptive Streaming over HTTP)

Related Post

> ストリーミング専用プロトコル > mpegDASH (Dynamic Adaptive Streaming over HTTP)

HTTPプロトコルを使った動画配信プロトコルの国際標準規格。
MPEG-DASH は、「HTTPサーバー」からインターネットで「MPEG-DASHクライアント」に高品質の動画ストリーミング配信ができる”アダプティブ ビットレート ストリーミング技法”です。

MPEG-DASHがサポートするメディア形式は、ISOベース・メディア・フォーマット(MP4形式、ISO/IEC 14496-12)とMPEG-2 TSフォーマットです。

配信するネットワークがインターネットであるため、MPEG-DASH はネットワーク帯域が変動することを考慮して、複数のビットレートのメディアファイル(コンテンツ)を用意します。用意したメディアファイルに関する情報は、MPD(The Media Presentation Description)ファイルと呼ばれるストリーミング配信/再生に必要なメディアファイルの情報が記載されたメタデータに記述し、「HTTPサーバー」に配置します。

「MPEG-DASHクライアント」は、MPEG-DASHプロトコルで配信されたメディアファイルを再生するメディアプレーヤであり、最初にMPDファイル取得します。DASHクライアントは、取得したMPDファイルを解析し、メディアファイルの取得先やメディアファイルの種類、解像度、最大ビットレートやDRM情報を得て、HTTP-GET要求を使用して、セグメント化されたメディアファイルを取得して、メディアを再生します。

MPEG-DASH が”プロトコル”ではなく”技法”で、コーデックやフォーマットを選ばない、メディアシグナリング/配信方法を提供します。この「技法」のうちの重要な要素にCommon Encryption(CENC)と呼ばれているDRMに関する規格があります。