ストリーミングサーバ

Related Post

> ストリーミングサーバ

現在はHTTPベースのストリーミング・プロトコルの普及により、動画をフラグメント化してHTTPサーバーで送出することが主流になりつつある。

【Wowza Streaming Engine】
Wowza Media Systems が提供している動画ストリーミングサーバ。様々なプロトコルで配信できRTMP を使い、Adobe Flash Player と通信できるが、クライアント・サーバー間のリモートプロシージャコールにも対応しており、その際、サーバー側は Java で記述する。バージョン4.0より、Webブラウザベースで管理出来るGUIを搭載した。

【Adobe Media Server】
アドビシステムズが提供しているWindows・Linux向けのストリーミングサーバ。Flash Playerが使えないiOSへの配信にも対応しており、Protected HLSプロトコルを使うことによってブラウザから再生可能にできる。同じくFlash Playerが使えないAndroid 4.1以降への配信には、再生側にAdobe Air製のアプリをインストールさせる必要がある。バージョンによって最大同時接続数やプロセス数にライセンス的な制限があるため、大規模配信する場合にはサーバー一台に対して複数ライセンスを購入し、ライセンスをスタックする必要がある。

【IIS Media Services】
マイクロソフトが提供しているWindows向けのストリーミングサーバであり、Windows Media サービスの後継製品。コンテンツ開発用エンコーダ等も無償で配布されている。コピーガードが有効な動画は、Microsoft製品以外での視聴ができないため、Windows以外のPCやモバイルデバイス等への配信が難しい。

【Red5】
Javaで書かれたオープンソースのFlash Player向けマルチプラットフォーム・ストリーミングサーバ。ライセンスはApache License 2.0 (LGPLv3から変更された)。RTMPによる動画配信、RTMPEによる暗号化動画配信だけでなく、Flashの共有オブジェクトやRemotingなどにも対応している。ただし、プログラミング言語はJavaであり、FMS向けにActionScriptで書かれたサーバーサイドスクリプトは直接動かすことができない。

【rtmplite】
Pythonで書かれたオープンソースのFlash Player向けストリーミングサーバ。ライセンスはGPLv3。

【C++ RTMP Server】
C++で書かれたオープンソースのFlash Player向けストリーミングサーバ。ライセンスはGPLv3。

【nginx-rtmp-module】
NGINXを基にしたオープンソースのストリーミングサーバー。RTMPだけでなくHLSやMPEG-DASHによるライブストリーミングにも対応している。

【Helix Universal Server】
リアルネットワークスが販売しており、RealServerの後継製品となっている。配信可能なメディア種類がReal Media、Windows Media、Quick Timeと豊富であり、プラットフォームとするOS種類もWindows NT、Windows 2000、Linux、FreeBSD、Solaris、HP-UX等幅広い。
他社製品のコピーガードには対応していない。独自のコピーガードHelix DRMがあるものの、これを使うとReal Player以外では見ることはできないため、使われることは少ない。なお、リアルネットワークスはプレーヤ側において、DRMの相互運用性を確保するために、他社製品のコピーガードに対応しようとHarmony技術を開発したことがあるものの、アップルからの訴訟の可能性によって開発を停止している。

【Helix DNA Server】
リアルネットワークスが開発したHelix Universal Serverのオープンソース版。独自のライセンスを適用している。

【SHOUTcast】
Winampの開発・配布先と知られているNullsoftが無償で提供していたが、インターネットラジオのRadionomyに買収された。
プラットフォームはWindows 95/98/Me/NT/2000/XP/2003からFreeBSD、 Linux、Mac OS X サーバ、そしてSolaris 2.x サーバ(Sparc版)と対応OSも幅広く、バイナリーでの配布となっている。
MP3形式のデータをストリーミング送信可能である。また、プラグイン導入済みWinampとSHOUTcastサーバの組合せでライブ送信が行なえる。

【Icecast】
MP3形式のストリーミングが可能なオープンソースのストリーミングサーバー。

【Darwin Streaming Server】
QuickTime Streaming Server

【VLS (VideoLAN Server)】
VideoLANプロジェクトで開発されているオープンソースのストリーミングサーバー。現在、VLSのほとんどの機能はVLCにも実装されている。

【VLC (VideoLAN Client)】
VideoLANプロジェクトで開発されているオープンソースのマルチメディアプレーヤ。GUIインターフェースだけでなく、コマンドインターフェースやWebインターフェースも持っており、ストリーミングにも対応している。HTTP、MMSH、RTSP、Icecastなどのプロトコルでストリーミング出力が可能。

【FFserver】
FFmpegに含まれているオープンソースのストリーミングサーバー。HTTPとRTSPに対応している。

【PeerCast】
P2P技術を使ったオープンソースのストリーミングシステム。送信機能は無く、中継機能のみ持っている。RTSPやMMSの中継に対応している。