Widevine Modular

Related Post

> Widevine Modular

MPEG-DASH でのストリーミングや CENCとシームレスに連携するように設計された Google の DRM 技術です。
ライセンス料は無料で、Media Services を使用することにより、従量課金制の料金モデルで Widevine によるライセンス配信を行うことができます。Media Services は、ISO MPEG Common Encryption (CENC、英語) を使用してメディア ファイルを一度暗号化するだけで、複数のブラウザーにストリーミング配信できるよう Widevine や PlayReady といった複数の DRM ヘッダーが生成される、エンドツーエンドのソリューションです。

  • HTTP(DASH)を介した動的適応型ストリーミング
    DASHは、インターネットを介して高品質のメディアコンテンツのストリーミングを可能にします。DASHは標準HTTPプロトコルを利用しており、既存のインターネットインフラストラクチャ(Webサーバー、CDN、ファイアウォールなど)に簡単に展開できます。
  • 共通暗号化(CENC)
    CENCは、コンテンツ暗号化に対する業界標準ベースのアプローチです。CENCは、異なるDRMシステムを使用して同じファイルの解読を可能にするために、1つまたは複数のDRMシステムによって利用され得る標準的な暗号化およびキーマッピングメカニズムを識別する。CENCにより、コンテンツプロバイダーはコンテンツを一度暗号化し、多数のクライアントデバイスと各種のDRMスキームに配信することができます。
  • 暗号化メディア拡張(EME)
    EMEは、DRMシステムとのやりとりやライセンスキー交換の管理に使用できる一連の共通APIを提供する、W3Cの提案規格です。EMEにより、コンテンツプロバイダはすべてのデバイスに対して単一のアプリケーションソリューションを設計できます。

 

WidevineのDRMソリューションの主な利点:

複数のシステム間で信頼性の高いコンテンツ保護をサポートします
ユビキタスデバイスのカバレッジを提供し、複数のコンテンツ保護システム間でシナジーを拡大します。
ビデオ再生中の完全な制御と柔軟性:
アダプティブストリーミング、QoS、アクセシビリティサポートを備えた、完全に機能したHTML5ビデオプレーヤ。
標準化されたメディアコンテナフォーマット:
ISO BMFF(すなわちMP4)およびWebMを含む業界で採用されているメディアコンテナを利用して、一度暗号化してどこでも再生できます。
レガシーシステムとの互換性:
すべてのコンテンツ保護システムへの同時アクセスをサポートします。新しいテクノロジを採用しながら移行ツールと柔軟性を提供します。
厳格なデバイスセキュリティ:
信頼性の高いハードウェアルート、安全な復号化、およびコンテンツレンダリングを確立するために、工場でプロビジョニングされたキーボックスを使用することで、強力なデバイスセキュリティが可能になります。