CMLA-OMA

Related Post

> CMLA-OMA

OMA DRMは、携帯電話メーカー(Nokia、LG、Motorola、Samsung、Sony-Ericsson、BenQ-Siemensなど)、モバイルシステム製造業者(Ericssonなど)、携帯電話ネットワーク事業者(Vodafone、O2、Cingular、Deutsche Telekom、Orangeなど)、情報技術企業(Microsoft、IBM、Sunなど)が参加するOpen Mobile Allianceによって開発されたデジタル著作権管理(DRM)

DRMは、コンテンツ制作者が顧客によるコンテンツの使用と複製の強制的な制限を設定する手段を提供します。 このシステムは多くの最近の電話機に実装されています。 今日まで、OMA DRMの2つのバージョン、OMA DRM 1.0とOMA DRM 2.0がリリースされています。

Open Mobile Allianceは、OMA DRMのすべての製造業者の実装を確実にするため、OMA DRMの仕様とテストツールを提供しています。